豊富な種類の義歯

この記事をシェアする

ポピュラーな治療方法

治療が短期間で済む面が、入れ歯のメリットです。
ですから忙しくて、あまり頻繁に歯医者にいけない人におすすめですね。
さらに他の方法に比べて入れ歯は、安価という面もメリットです。
料金も抜歯後の治療方法を選択する上で重要な部分なので、よく吟味してください。
そして入れ歯は、広い範囲の歯を失っていた場合でも対応できます。

その場合は総入れ歯となり、病気が原因で全ての歯を失った人が利用するもので、取り外しができるタイプが一般的です。
部分的に歯を失っている人は、部分入れ歯を活用しましょう。
こちらは人工歯と義歯床、そして固定するバネから成り立っています。
手術の必要もなく、心身に与える負担が軽い面が人気の理由と言えますね。

毎日消毒をすること

しかし入れ歯は、完全に作り物の歯だとわかります。
口を開けば周囲から注目されるので、見た目が気になるかもしれません。
さらに耐久性が低く、固い食べ物を噛む際は壊れないようゆっくり食べましょう。
そして最も大きなデメリットは、手入れが面倒という部分です。
入れ歯は毎日取り外して、消毒をしなければいけません。

1回でも怠るとバイ菌が繁殖し、口内の病気を発症します。
口内からバイ菌が胃に流れ込み、身体全体に行き渡るケースも見られます。
大きな病気を発症するリスクもあるので、手入れは絶対に怠らないでください。
消毒の時に使う薬剤は、ドラッグストアで購入できます。
使いたい時にないと困るので、ストックをいくつか購入しておきましょう。