違和感があまりない

この記事をシェアする

ストレスを感じないように

短時間で治療が終わり、違和感を抱きにくい面がブリッジのメリットです。
入れ歯を装着すると気になり、ストレスを感じるかもしれません。
なるべくストレスを感じない生活を送りたい人は、ブリッジを活用してください。
入れ歯が気になりすぎると、次第に他のことに集中できなくなります。

すると、仕事にも悪影響を与えるでしょう。
抜歯をした人の中には、まだ現役で働いている人が見られます。
仕事に支障が出ないよう、短期間で治療が終わり、気にならない義歯を選択してください。
各歯医者で使用できる義歯が異なりますが、ブリッジはどこの歯医者でも用意されていると思います。
またブリッジも入れ歯と同じで保険を適応でき、治療費の負担が少ないです。

歯磨きを念入りにする

ブリッジを固定するためには、義歯を入れる部分の両隣の歯を削らなければいけません。
健康な歯を削ることに、抵抗を感じる人がいるかもしれませんね。
さらにブリッジは、食べカスが歯と歯の間に挟まりやすいデメリットがあります。
そのままにしておけないので、食事の後は念入りに歯を磨いてください。

ですが歯ブラシだけでは、食べカスを綺麗に除去できないと思います。
そこで糸ようじや、歯間ブラシを活用しましょう。
それらの道具は、部分的に気になるところの汚れを落とすことに特化しています。
特に虫歯が発生しやすい夜は、朝や昼よりも細かく歯を磨きましょう。
このような部分に気を付けていれば、ブリッジとうまく付き合っていけると思います。